Tuesday, September 23, 2014, 09:45 - OS / Unix, *BSD, Solaris
Posted by ELIN
検索しても同じ問題に直面しているという情報はあれど"これだ"というような明確な回答が見当たらなかったので、普通にやったら何の問題も無く解決できるような簡単な話なのかなあ、と思いつつ似たようなことをやっている情報を見付ける
http://dokuosan.net/zousan/nikki277.html
http://uenomemo.blog31.fc2.com/blog-entry-405.html
http://www.ellinikonblue.com/blosxom/UNIX/NAS4Free/20140312NAS4FreeCompile.html
これらを読む限りは至って普通の方法で動かすことが出来そうではある

pfSense 2.1.5はhttps://doc.pfsense.org/index.php/PfSense_and_FreeBSD_Versionsによると8.3-RELEASE-p16であるので、その環境を作成する
これには8.3のインストールの"Choose Distributions"で"5 Kern-Developer"を選択し、インストール完了後に
# freebsd-update fetch
# freebsd-update install

とし、再起動すればよい (実際には再起動せずともソースコードは8.3p16になっているのでその必要はないが)

もし
# freebsd-update install
Installing updates...install: ///usr/src/crypto/openssl/ssl/s3_cbc.c: No such file or directory
done.

このようなエラーが出る場合は
# mkdir -p /usr/src/crypto/openssl/ssl/
ディレクトリを作成することで回避できるので、作成後にもう一度実行する

さて、8111Gのドライバはこれを書いている現在最新が186なのだが
# cp rtl_bsd_drv_v186 /usr/src/sys/dev/re
# make -C /usr/src/sys/dev/re
Warning: Object directory not changed from original /usr/src/sys/dev/re
@ -> /usr/src/sys
machine -> /usr/src/sys/amd64/include
:> opt_bdg.h
awk -f @/tools/makeobjops.awk @/kern/device_if.m -h
awk -f @/tools/makeobjops.awk @/kern/bus_if.m -h
awk -f @/tools/makeobjops.awk @/dev/pci/pci_if.m -h
cc -O2 -pipe -fno-strict-aliasing -Werror -D_KERNEL -DKLD_MODULE -nostdinc -I. -I@ -I@/contrib/altq -finline-limit=8000 --param inline-unit-growth=100 --param large-function-growth=1000 -fno-common -fno-omit-frame-pointer -mcmodel=kernel -mno-red-zone -mfpmath=387 -mno-sse -mno-sse2 -mno-sse3 -mno-mmx -mno-3dnow -msoft-float -fno-asynchronous-unwind-tables -ffreestanding -fstack-protector -std=iso9899:1999 -fstack-protector -Wall -Wredundant-decls -Wnested-externs -Wstrict-prototypes -Wmissing-prototypes -Wpointer-arith -Winline -Wcast-qual -Wundef -Wno-pointer-sign -fformat-extensions -c if_re.c
if_re.c: In function 're_attach':
if_re.c:2983: error: 'PCIER_LINK_CAP' undeclared (first use in this function)
if_re.c:2983: error: (Each undeclared identifier is reported only once
if_re.c:2983: error: for each function it appears in.)
if_re.c:2984: error: 'PCIEM_LINK_CAP_ASPM' undeclared (first use in this function)
if_re.c:2986: error: 'PCIER_LINK_CTL' undeclared (first use in this function)
*** Error code 1

Stop in /usr/src/sys/dev/re.

雑な方法だがともかく、コケてしまう

少なくともこの定数は
# find /usr/src/sys|xargs grep PCIER_LINK_CAP
というようなことをしても見付からないのでどうしようもない

このようなとき、別のバージョンを試すというのが定石だが、Realtekは最新版の186しか配布していない
ところがダウンロードの際のFTPをちょっと覗いてみると、実は172-186の各種を見付けることができる
全ては試していないが、ともかく結果としてmakeが通せる最も新しいバージョンは184であることがわかっているので184を手に入れる
ただFTPを覗くのは少々面倒なので……
http://b.mikomoe.jp/download/1411430971/attach/rtl_bsd_drv_v184.tgz

makeの前に必要ならばバックアップし
# find /usr/src/sys/dev/re -type f|xargs -I % mv % %.bak
実際にmakeする
# fetch http://b.mikomoe.jp/download/1411430971/attach/rtl_bsd_drv_v184.tgz
# tar zxvf rtl_bsd_drv_v184.tgz
# cp rtl_bsd_drv_v184/* /usr/src/sys/dev/re
# make -C /usr/src/sys/dev/re

と、して完成
バイナリは/usr/src/sys/dev/re/if_re.koなので、これをpfSenseのほうへ移動する

if_re.koは/boot/kernel/if_re.koに配置し、そしてドライバをロード
# kldload /boot/kernel/if_re.ko
これで8111Gがきちんと認識され、動作するようになる (たぶん)

そして最後に/boot/defaults/loader.confの
if_re_load="NO" # RealTek 8139C+/8169/8169S/8110S
この項目を"YES"に変更する
ちなみにYesやyesではなく、確実に大文字で"YES"とすること

またNanoBSD版では/がroであるため、この作業の前後に
# /etc/rc.conf_mount_rw
...
# /etc/rc.conf_mount_ro

として、一時的に書き込めるようにする必要がある
add comment ( 4952 views )

<Back | 1 | 2 | 3 | 4 | Next> Last>>