Tuesday, January 14, 2014, 17:51 - OS / Misc
Posted by ELIN
実はOpenWRTでSoftEther VPNを動かすを書いている途中に4.03.9411がリリースされてしまい、その時点で再検証を行ってはいたのだが、その内容が不穏なので別のエントリに分割することになった

さて、9411は9408のように普通にmakeできない
その原因として9408はhamcore.se2をバイナリのまま提供していたが、9411以降はこれのソースが同梱され
1. hamcorebuilderのmake
2. hamcorebuilderでhamcore.se2の作成
3. 本体のmake
という手順になった
しかしこれはhamcorebuilderもOpenWRT用にmakeされてしまい、当然2の時点でザコることになる

この問題を回避すべく色々と思案したが、結局力技で通すことにした
つまり
1. x86でmake
2. hamcore.se2の作成
3. 再度OpenWRT用のmake
とmake make clean makeというあってはいけないようなMakefileになってしまった (参照)

いつの日かhamcore.se2が爆発しそうで怖い

softethervpnserver_4.03-9411_ar71xx.ipk
softethervpnclient_4.03-9411_ar71xx.ipk
softethervpnbridge_4.03-9411_ar71xx.ipk
softethervpncmd_4.03-9411_ar71xx.ipk
1 comment ( 970 views )

<<First <Back | 1 | 2 | 3 | 4 | Next> Last>>