Thursday, November 14, 2013, 12:36 - OS / Unix, *BSD, Solaris, Misc
Posted by ELIN
随分前の雑談の中で出た話なのだが、RS-232Cのクロスケーブルがなくてこれは中途半端にしか検証されていなかったが、物が手に入ったので結論が出た
もっとも予測はされていたのだが

一応世界で見れば最低でも1人は同じことをして遊ぼうとしている人がいるらしく、公式フォーラムで起動しないと言っているのを見付けることができる
それに対する回答としては普通にCDからインストールする(つまりNanoBSDを使わない)とか、HP t5720 PCI Expansion Moduleを買えとのことだが、これによって問題が解決するか否かは不明のままだ

雑談の続きは「動かないわけがない」ということなので結果試すことになった

そもそも上記問題は起動しないのではなく、起動はしているが、VGAへ出力されないため不明ということになる
雑談の中の予測は起動はしている、しかしVGAへ出力されないということを知らない

これは恐らくNanoBSDではないpfSenseを使うことで解決する
例えばUSB-FlashにCDからインストールしてそれを挿せば何の問題もない

さて、結論から言えば……
というか過程における問題は何もなかったので書くことがないが、ともかく

普通に直接フラッシュへイメージを書き込む
具体的なファイル名はpfSense-2.1-RELEASE-512mb-i386-nanobsd.img.gzになる

pfSenseを書き込んだ後、何の問題もなくブートローダが走る
前述の通り、NanoBSDを使っているイメージなのでここで出力が止まる
そしてコンソールへ出力が見える

1つ問題があるとするならばACPI関連で
ACPI Error: [RBYT] Namespace lookup failure, AE_NOT_FOUND (20101013/psargs-464)
ACPI Error: Method parse/execution failed [\RTMP] (Node 0xc3a21dc0), AE_NOT_FOUND (20101013/psparse-633)
ACPI Error: Method parse/execution failed [\_TZ_.THRM._TMP] (Node 0xc3a21c20), AE_NOT_FOUND (20101013/psparse-633)

のようなエラーが頻繁に出力される
これは素直にACPIを無効にすればよい (参考:https://doc.pfsense.org/index.php/Disable_ACPI)

ちなみに今現在はNanoBSDでもVGA版が存在しているので出力がどうこうの問題は発生しない
またVGA版で起動することも確認している
add comment ( 3218 views )

<<First <Back | 1 | 2 | 3 | 4 | Next> Last>>