winbase-0.10.9.30.zip 
Thursday, September 30, 2010, 07:58 AM - Release
Posted by Administrator
Archive : winbase-0.10.9.30.zip (26KB)

下記exeのパッケージ

#.exe
null.exe
何もしないで終了する
邪魔な実行ファイルと置き換える事で殺したりバッチファイルのコメント行(#.exe)に使用
引数は常に無視される、終了コードは常に0

sleep.exe
ミリ秒精度のsleepを行って終了する
指定秒後の実行等で使用
第一引数に秒単位でsleep時間を指定、第二引数以降は常に無視される、終了コードは常に0

viewargs.exe
与えられた引数を表示、キー入力を待って終了する
外部の実行ファイルを呼び出すプログラム(ローダ等)が与える引数を知りたい時に使用
終了コードは与えられた引数の数
add comment ( 4609 views )   |  permalink
PCに卓越している? 
Thursday, September 30, 2010, 03:49 AM - Misc
Posted by Administrator
エンジニアなる者は世間一般の認識で
"PCに卓越している、PCでできる事なら何でもできる"
なんて事になってるが

諸君
間違ってもそんな事は有り得ない

PAINT.EXEとPHOTOED.EXE(しかも2000/XP)しか使った事のない俺がGIMP使うとを1つ作るだけで15分くらい要するんだからな
(PHOTOED.EXEはpng透過処理にバグがあるので使えない)

冗談抜きで疎いんだよ
add comment ( 1870 views )   |  permalink
jp108usbkbd_fix-0.10.9.30.zip 
Thursday, September 30, 2010, 02:30 AM - Release, Release / Patch
Posted by Administrator
Archive : jp108usbkbd_fix-0.10.9.30.zip (389B)

Windows2000やWindowsXP(SP1以前)等で発生するJP108キーボードをUS101と誤認する問題を強制的に解決するレジストリエントリ
add comment ( 935 views )   |  permalink
removeccc_on_cmh-0.10.9.30.zip 
Thursday, September 30, 2010, 02:16 AM - Release, Release / Patch
Posted by Administrator
Archive : removeccc_on_cmh-0.10.9.30.zip (397B)

デスクトップを右クリックした時にポップするメニューからATI CCCを削除するレジストリエントリ
単純な削除なので(自分でバックアップ等を持っていない場合)戻せない事に注意
add comment ( 370 views )   |  permalink
ATIドライバ vs 俺 
Wednesday, September 29, 2010, 03:42 PM - OS, OS / Windows
Posted by Administrator
ATIドライバの手動再インストール法
以前書いたが、今回は詳細含めて

1. 既存ドライバのアンインストール
ここで失敗する場合はインストール情報を削除
要するにインストーラが修復/削除等の選択肢を与えてくる状況を避ければ良い

2. いくつかのファイル、及びレジストリの削除
アンインストール処理が正常なら削除されている
C:/Program Files/ATI
C:/Program Files/ATI Technologies

CCCの設定が格納されている
アンインストーラで削除されないので念の為か、気にくわないなら削除すべきだ
C:/Documents and Settings/<User>/Local Settings/Application Data/ATI

レジストリの削除必須項目、対象キー以下全ての削除
HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Microsoft/Windows NT/CurrentVersion/Winlogon/Notify/AtiExtEvent

上記項目以外は任意
検索して明らかなものを削除
"ati"で検索するとapplic"ati"onが引っ掛かったりして骨が折れる

3. Plug and Playを停止、無効にし、デバイスの削除
念の為再起動直後に行う事
デバイスマネージャからグラフィックボードを全てアンインストール
方法はドライバのアンインストールでもデバイスの削除でも構わない
再起動を要求されるので再起動する

4. ドライバの削除
任意、インストーラの中身(一時展開)なので削除の必要はない
C:/ATI/*

C:/WINNT51/system32/drivers/ati2erec.dll
C:/WINNT51/system32/drivers/ati2mtag.sys

ati*のファイル群、10.3を参考としているので多少の増減があるかもしれない
C:/WINNT51/system32/ati2cqag.dll
C:/WINNT51/system32/ati2dvag.dll
C:/WINNT51/system32/ati2edxx.dll
C:/WINNT51/system32/ati2evxx.dll
C:/WINNT51/system32/ati2evxx.exe
C:/WINNT51/system32/ati3duag.dll
C:/WINNT51/system32/atiadlxx.dll
C:/WINNT51/system32/atiapfxx.blb
C:/WINNT51/system32/atiapfxx.exe
C:/WINNT51/system32/atibtmon.exe
C:/WINNT51/system32/aticalcl.dll
C:/WINNT51/system32/aticaldd.dll
C:/WINNT51/system32/aticalrt.dll
C:/WINNT51/system32/atiicdxx.dat
C:/WINNT51/system32/atiiiexx.dll
C:/WINNT51/system32/atikvmag.dll
C:/WINNT51/system32/atimpc32.dll
C:/WINNT51/system32/atioglxx.dll
C:/WINNT51/system32/atiok3x2.dll
C:/WINNT51/system32/atipdlxx.dll
C:/WINNT51/system32/atitvo32.dll
C:/WINNT51/system32/ativcoxx.dll
C:/WINNT51/system32/ativva5x.dat
C:/WINNT51/system32/ativva6x.dat
C:/WINNT51/system32/ativvaxx.cap
C:/WINNT51/system32/ativvaxx.dll
対象は全てatiで始まっているので見比べなくても問題ないかもしれない

下位にATIドライバを含む対象ディレクトリの削除
C:/WINNT51/system32/DRVSTORE/CX_*
C:/WINNT51/system32/ReinstallBackups/<Number>
1つ1つ見なくても"ati2"で検索すれば手間が省ける

5. Plug and Playを自動、開始する
特筆する点はない

6. ATIドライバのインストール
同様に特筆する点はない
インストーラに従い、再起動すればクリーンな状態で立ち上がってくる

その他
いくつかのdllは表記バージョン(プロパティのバージョン情報)が同一でもハッシュが異なっているものが存在している
アップ/ダウングレードでのBSODはこれが絡んでいる気がしなくもない
add comment ( 1006 views )   |  permalink

<<First <Back | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | Next> Last>>