pfsenseの再構築で発生した問題まとめ 
Friday, June 29, 2012, 05:38 AM - OS / Misc, Hardware, Misc
Posted by Administrator
pfsenseのシステムに使用していたusbflashが物理的に死んで大変な事になった、のまとめ

いい機会なので搭載NICを変更したところ、特定NICがリンクアップするとM/Bがクラッシュする問題が発生
事象としては……
・リンクアップした状態から起動不可、BIOSがPOSTしない
・システム起動中にリンクアップすると数秒後にクラッシュ、PWR/RSTボタンも効かない

構成は……
CPU: AMD Athlon X2 BE-2350
M/B: ASUS M2A-VM
PCIex16: Intel PRO/1000 CT
PCI: Intel PRO/1000 GT Dual Port
PCI: Intel PRO/1000 GT Dual Port
PCIex1: Intel PRO/1000 CT

結論としてはPCIex16にIntel PRO/1000 CTを載せ、PCIex1に何かのNICを載せた状態で、両方がリンクアップする時に再現する
リンクアップする順序や、PCIに載せているNICの状態は関係ない

原因が全く特定できないので、Broadcom NetXtreme BCM5751 PCI-Eを使う事で回避した

次にpfsenseのインストールでCDからusbflashにインストールしようとするとコケる
が……これは大して検証していないので全く不明
nanobsd-vgaという組み込み用途ながらvga出力が可能なイメージが存在していたのでどうでもいい

で、以前のconfigをリストアしようとするとvarnishがバグって大変な事になる
インストールが完了しない、consoleに凄まじいエラーが出る、というかphpのソースコードがそのまま出ている
VM上でCDインストールだが、同じ事をやってみると特に問題なく動く
が……これも大して検証していない
何せ大幅に何かがバグって酷い事になっているのはconsoleの出力から予測できるし、新しくvarnish3というパッケージがあったので黙ってこっちを使った

しかしvarnish3もインストールが完了しない
そのまま動かそうと設定すると、Web Configuratorの応答もなくなる、何故?
応答がなくなる原理は不明だが、この状態に陥るとWeb ConfiguratorのRestartをかけても改善しない
システムをRebootすると一見正常な状態へ復帰する

これはvarnish3のインストールが停止した後、/usr/local/pkg/varnish.inc:157の頭に"if ("を追加し、Pkg reinstallを実行
再度同ファイルを変更(またifが欠けてsyntax errorが出る)し、/usr/local/etc/rc.d/varnish.sh:6をコメントアウトする事で、一応サービス自体は正常に動作するようになる

もしかするとWeb Configuratorの応答がなくなる問題は未解決の可能性がある
また、LB Directorsタブを開くと……
Fatal error: Cannot create references to/from string offsets nor overloaded objects in /etc/inc/xmlparse.inc on line 69
と、設定画面が開けない
これは設定画面描画用のxmlにミスがあると予測できるが、不明
単純に自分が使用しないからだが
add comment ( 1489 views )   |  permalink

<<First <Back | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | Next> Last>>