Buffalo製のザコいルータを強くするまとめ 
Saturday, January 12, 2013, 12:35 AM - OS / Misc
Buffalo製のザコいルータを強くするまとめ
前提としてDD-WRT準拠

まず手持ちの製品の一覧とその区分
この区分に関しては一般的な定義ではなく、あくまでこのぶろぐの中のお話でしかない
BLR3-TX4Broadcom0世代
WBR2-G54Broadcom1世代
WLR-G54Broadcom1世代
WHR-G54SBroadcom1世代
WZR-G54Broadcom1世代
WZR-G144NHBroadcom1世代
WHR-G300NRalink2世代
WHR-G301NAtheros2世代
WZR-HP-G300NHAtheros2.5世代
WZR-HP-AGL300NHAtheros2.5世代?
WZR-HP-AG300HAtheros2.5世代


世代による差違

0世代
0世代は基本的にDD-WRTなどの非正規Firmwareへの載せ替えができない
もしくはできるとしても難度が高く、H/Wそのものに関する知識を要する
少なくとも自分の持ち合わせている環境では不可能だった (参考:BLR3-TX4をシリアルポート無しでいけるところまでやる)
W*Rで始まる筐体はまずこの世代に該当しないが、例外としてWHR-G54のみ0世代と推測される

1世代
1世代は全てBroadcomであるためDD-WRTの機能を全て使用でき、TFTPからDD-WRTへの載せ替えが非常に簡単に行える
このTFTPによる載せ替えは何のチェックも受けず、また自らarpでmacアドレスを通知してくるため、DD-WRTへ載せ替える前段階が存在しない
但しDD-WRTのリビジョンによって完全に動作する/しないと不確定要素が存在している (DD-WRTのなんか)
TFTPのアドレスは192.168.11.1だと記載しているが、先日試したWBR2-G54は192.168.1.1が正しかった

前述する不具合が存在するものの全体的に見ればこの世代は非常に有用だが、WZR-G144NHを除けば11nで無線通信できる筐体が存在しない

2世代/2.5世代
2世代の筐体は黒色で、Broadcomではなくなり、初期はRalinkでそれ以外は全てAtherosを積んでいる
TFTPによる載せ替えはいくつかのチェック機構が存在するため、前準備が必要になった (OpenWRTでUT-VPNを動かす (2))
初期化状態ならばhttp://bufpy:otdpopy@192.168.11.1/cgi-b ... debug.htmlにアクセスしデバッグページから
ubootenv set accept_open_rt_fmt 1
ubootenv set tftp_wait 10 #必須ではない
ubootenv set region US

を発行しておく必要がある
但しregionは変更すると当然ながら日本の正規Firmwareが"Error on server : Unsupport REGION"で弾かれるようになる
これを避けるには素直にwebから載せ替えるしかないが、一部うまくいかなかった事がある
また自らmacアドレスを通知することがなくなったので、自らarp -sする必要がある (OpenWRTでUT-VPNを動かす (2))
この時のmacアドレスは印字されているSSIDと対応しているが、2.5世代は02:AA:BB:CC:DD:**が正しい (?)
例えばWZR-HP-G300NHは末尾1A、WZR-HP-AG300Hは末尾20となっている
この値はデバッグページで
ubootenv list
で確認できる

チップによる差違

DD-WRTの機能を全て生かすならばBroadcomである必要がある
Ralink/AtherosではPort based VLANが機能しない、各ポートを別のセグメントとして運用する必要があるなら、この時点でBroadcom以外の選択肢が消える
加えてRalinkでは無線のClient Bridge、いわゆる子機として運用ができない(と思う、検証が甘いかもしれない)
Atherosでは無線の電波強度やOCなどのAdvanced Settingが使用できなくなる
しかしAtherosはBroadcomでは不可能な5つ目のVAPを運用することができる(最大値不明、未検証)
これはRalinkでも可能かもしれない

Comments

Add Comment

Fill out the form below to add your own comments.









Insert Special: